トッケビ第1話あらすじとネタバレ!鬼役のコンユがヤバい!?

スポンサーリンク

アンニョンハセヨ(*’▽’)
韓流大好きヨネマルです♡

『鬼トッケビ』の放送が始まりましたね♪
私の韓国人の友達もかなりハマっていて
『絶対見たほうがいいよ!!!!』とゴリ押し
されていたので、正座をして
見ちゃいましたㅋㅋㅋㅋㅋ

何と言っても視聴率王コン・ユさんの主演に、
ヒロインが大人気のキム・ゴウンちゃん。

恥ずかしながら私、コン・ユさんは
『コーヒープリンス1号店』、
キム・ゴウンさんも『チーズインザトラップ』しか
作品を見たことがありません(>_<)

でも『トッケビ』でハマりそうなので、
過去の作品にさかのぼりたいと思います笑
ファンの皆様、作品教えてください♡

それでは本日も、あらすじ&ヨネマルの
独り言&プチ韓国語講座始めたいと思います(*’▽’)

 

第一話あらすじ

「多くの血と汗を浴びた物は鬼となる。
その鬼を解き放てるのは鬼の嫁のみ。」
そんな話をする、女性とおばあさん。

 

その昔、コン・ユさん演じるキム・シン将軍は
人間離れした強さから武神と呼ばれていました。

キム・シンの働きにより勝利を収めた軍が
凱旋帰国すると、なぜかキム・シンは謀反人になっていた。
王より上の『神』と呼ばれるシンを王様が妬んでいたんですね。

親族の命と引き換えに自分の死を選んだシン。

彼は死後埋葬されることも許されず、
死体は野ざらしにされるのでした。

そこへ、かつての家臣が来て嘆きます。
シンへの想いが神に届き、シン将軍はトッケビとして
生き返ります。

どうやら、この家臣の子孫が今もシンの身の回りの
世話をしているみたいです。
トッケビは年を取らないらしく、今の執事は
かなり年老いていて、久々に会ったシンに孫を
紹介します。

 

1998年ソウル
車のトランクから女性の死体。
自分の死体を見て驚く女性(の魂)にイ・ドンウク演じる
死神が亡くなったことを宣告。
(この時点では自分が幽霊であると理解していないようです)

自分が死んだときに迎えに来る人が
こんなイケメンだったら、ちょっとときめいてしまうかもw

死神に案内された死者は、現世の記憶を消すお茶を
飲んであの世に旅立ちます。
迎えに行って、送り出す。
そんな仕事をするのが死神なんですね。

 

ある日、女性がひき逃げに合います。
絶体絶命の状態でしたが、どうかお腹の子供だけは…と
神に願います。その声がシンに届き、情に負けたシンは
生死に関わってはいけないという掟を破り、
女性を助けました。そして女性は無事出産を終えます。

8年後大きくなった女の子はウンタクと名付けられ
元気に育っていました。
なぜか人に見えないものが見えてしまうウンタク。

誕生日の日に帰宅をすると母親の姿が。
しかし母親が実体ではなく幽霊であると気付くウンタク。
母親はその時病院に運ばれていました。
母が幽霊であることに気付いてしまったウンタクは、
母親と最後の会話をするのでした。

冒頭のおばあちゃんに娘を託す母親。
母親の病院に向かおうとするところに死神が迎えに来ます。
母親だけではなく、生まれるべきではなかったウンタクまで。
しかしおばあちゃんが助けてくれたため、
ウンタクは一命をとりとめます。

 

さらに10年後

ウンタクは高校生になりましたが、幽霊が見えるせいで
イジメにあっていました。母親の姉一家に
引き取られましたが、家でも居場所が無いようです。

それにしても、韓国って家族内の争いが怖く
書かれますよね。嫁vs姑、実子vs隠し子、、、などなど。
本当にそんな争いがあるのかな?って想像しちゃいますよね。
韓国に嫁ぐの怖いなぁって。
(まぁ予定も何もないんですがw)

シンは家の大修繕をする間、ニースへの移住を
するよう執事から提案されます。
孫のドクファが25歳になったので、執事も引き継ぎの
時期みたいです。やんちゃなドクファを演じるのは、
BTOBのユク・ソンジェくん♡

 

自分の誕生日も祝ってもらえないウンタクは
自分でケーキを買い、祝います。
そして願い事をして火を消します。

すると願いに呼び出されたシン。
シンもなぜ人間が自分を呼び出せたのか、
そしてウンタクの寿命や未来が見えないのを
不思議に思います。

ウンタクは自分の願い事を言い当てたシンを
ジーニー(ランプの精)と勘違い笑
シンは『叔母一家から離れ、鶏肉店で働け』といいます。

シンが家に帰ると、死神が来ていました。
ドクファがシンがニースに行っている間、家を貸して
お金儲けをしようしていたみたいです。
契約が済んでしまったという理由で居続ける死神。
シンも死神を追い出そうとしています。

 

ウンタクは自分が願い事をしながら火を消すと
シンが呼び出せることに気付き何回もシンを
呼び出します。

死神でもない、幽霊でもないシンを『トッケビ』だと
つきとめるウンタク。さらに自分は『鬼の花嫁』で
首にあるアザが証拠だと話します。

トッケビも驚き、自分がどう見えるかウンタクに言わせます。
言ってほしい一言が出なかったのか、トッケビは
ウンタクが掟破りで生まれた子だから、ウンタクの
能力はその副産物であると伝え、ウンタクは
自分にとって何の価値もないと伝え去ります。

シンがドアを開けると、そこはカナダ。
完全にウンタクをまいたと思ったシンでしたが、
ドアを開けて追いかけてくるウンタク。

トッケビは『どこでもドア』みたいな技も
使えるのね(*‘ω‘ *)ビビるコンユがかわいいww

そしてウンタクが決心します。

『あなたと結婚する!!!』
『さらんへ♡』の笑顔がたまりません(^○^)

 

ヨネマルのプチ韓国語講座

今日のワンポイントハングルレッスンは

死神
いやだ笑 このドラマ初の単語が死神て…。
저승 사자(チョスンサジャ)
直訳すると、『あの世の使者』です(^○^)

저は『あの』・승は『世』なので、「この世」と
言いたいときには、이『この』をつけて이승(イスン)と
言ってみましょう♪

そしてシンがウンタクの誕生日にプレゼントした
蕎麦の花言葉。

여내(ヨネ)は『恋愛』という意味です★
自分の名前にヨネが付くので、セブチの歌詞でヨネヨネ
言われると勝手ににやけるヨネマルです…。

今年で34歳です…。
大丈夫か私www

さ、第2話も録画してるので、続きを書きたいと思います♬
それではアンニョーン(^^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です