ヘンリー(SUPER JUNIOR)が所属事務所を契約終了・解約になった理由は?

スポンサーリンク

こんにちは!スジュ(スーパージュニア)大好きなヨネマルです。

本日の速報で「ヘンリーが所属事務所のSMエンターテイメント(以下SME)と契約を終了し、独立する」というニュースが入り、エルプ(スジュのファン)は衝撃を受けたと思います。私もその一人なので、なぜこのタイミングで契約が終了したのか、今後はどのような活動をしていくのかについて調べてみました。

あまりヘンリーのことを知らない人にも、彼がスジュでどんな役割だったかなども含めてご紹介できれば…と思います。

解約理由は?

ずばり個人の意思です。解約とか契約終了と聞くと、どうもクビになったんじゃないか!?というマイナス見方が多いのですが、ヘンリーの場合は契約期間の活動をしっかり全うし、個人事務所を設立してやっていくという意思のもとで契約を終了したそうです。それでもSJ Mの曲が大好きだった私は寂しいですけどね。

アイドル事情に詳しい韓国人の友人に聞いたところ、「本当はどのアイドルも芸能人も契約期間が終われば独立したいという願望を持って活動しているんだよ」とのことでした。でも実際の所、事務所のサポートなしでは活動できない人が多く、事務所にお願いをして契約を続行する人が多いそうです。特に何かしらの問題を起こしてしまった人(事故や恋愛がらみ)や、独立するほどの知名度や活動枠が無い人は、会社にすがるしかないのが現状なんだそうです。

となると…何も問題を起こさず契約期間を終え、ヘンリーが自分の意志で事務所を出ようとしたのはファンとしては誇らしいことですよね。

 

プラスの理由とマイナスの理由

しかしながら、独立を決意したのには何かしらの理由があるはず!

というわけでここからは個人の予想になりますが、辞める原因が何なのかについて調べてみました。

①ポジティブな理由

活動の幅が広いヘンリーなので、SMEのサポートが無くても活動が出来そうという判断。
というのもヘンリーは音楽活動もさることながら、バラエティでも引っ張りだこです。比較的最近の番組ですと、人気番組の「マスターキー」にWanna Oneメンバーと共演したいましたね。

バラエティの顔になったきっかけはこの番組「チンチャサナイ(本当の男)」だと思いますw
海外出身で兵役の義務がないヘンリーが番組を通して兵役を体験するという内容で、ヘタレ具合(褒めてますw)がめちゃくちゃ面白い!と韓国で話題になりました。

「今日から一年生」という番組で、小学生から韓国語や勉強を教えてもらう姿は「萌え」の一言でした。SEVENTEENのディエイトや、日本人のTWICEモモ・カンナムも面白かったですよね~。

今抜粋したのは一部なので、海外出身のタレントで成功組と言える活躍をしているのがヘンリーなんです。

そしてバラエティだけでなく、歌やバイオリンやピアノが出来、音楽活動でもやっていけますよね。ヘンリーのソロ曲私大好きなので2曲選抜して挙げるのであれば…

「TRAP」これは序盤のピアノ演奏に注目です!
※SHINeeのテミン、SUPER JUNIORキュヒョンも共演しています。

「Fantastic」こちらではバイオリンの演奏を披露!バイオリンを演奏しながらの足さばき(ダンス?)が華麗なのでぜひ見てほしいです!

さらにその認知度は、SUPER JUNIORの影響もあって韓国だけでなく中国や世界中まで拡がっています。中国ではヘンリーが契約終了したというニュースが出て、リアルタイム検索ワード1位がヘンリーになったくらいです。マーケットの大きさで見ても、韓国市場だけを視野に入れるのではなく大陸中国でも活動可能なのは大きいですね。

音楽活動も出来、バラエティで笑いを取る才能もあり、更には華僑出身・SUPER JUNIOR出身ということが影響し中国での活動もしやすい…そうなると逆に大きい事務所に縛られて活動の幅を狭くしているのはもったいない気がしてきました。以上がポジティブな契約終了理由ですね。

 

②ネガティブな理由

ネガティブなことは話したくないのですが、どうしてもSJ Mで切り離せない問題が…「中国人一緒に活動しないで運動」ですよね~。じゃあなぜ一緒に活動するなという抗議が生まれるのか!?についてお話していきます。

そもそもスジュ自体が定期的にメンバーを入れ替えるコンセプトで誕生している為、かなり複雑なグループになっています。
元々はSUPER JUNIOR05(2005年発足)というグループからスタートし、翌年2006年に出したシングル「U」から最後の正規メンバーとなるキュヒョンが合流。ファンがメンバー入れ替えに反対した為、05という数字が消され、SUPER JUNIORという名前で固定されました。

その後はスジュとしてのメンバー追加は無く、トロット(韓国の演歌)を歌うSuper Junior-Tや、バラードメインのSuper Junior-K.R.Yがユニットで生まれ、そのユニットの一つが中国メインで活動するSuper Junior-Mでした。

Super Junior-Mはスジュの既存メンバー(シウォン、ソンミン、ウニョク、ドンヘ、リョウク、キュヒョン)に中国人メンバーのヘンリーとチョウミが加入した中国向けグループでした。Mは中国(マンダリン)の頭文字から来ています。

Super Junior-Mの曲めちゃくちゃいいんですよ~!しかし、スパショ(スジュのライブ)だとSJ Mの歌はほぼ歌いませんし(K.R.YとTは既存メンバーで出来てるのでスパショでも歌う)、SJ Mだけで活動するほどのボリュームもなく…。結果ヘンリーとチョウミの活動ってすごく狭い所でしか出来ないんですよね。

SJ-M好きの私としては、SMTOWN(SME所属アーティストの合同コンサート)でチョウミやヘンリーがたった2曲歌うためだけに日本に来てたことに衝撃を受けました。なのでスジュの発足時期からファンだった方とは対立しちゃうんですが、「もうスジュに入れてやれよ~」といつも思っていました。なのでそれが叶うことなく契約終了になっちゃったのは寂しいですね。

そして残ってしまったメンバー、チョウミの動向も気になります。というか心配。

 

今後の活動は?

SMEとの10年間の契約を終えたヘンリーは今後どうなっていくのでしょうか?

ヨネマルの予想としては、やはり大陸メインの活動ですね。
というのも①SME契約終了後に中国で独立事務所を設立している②中国のSNSウェイボにて「中国語の勉強をもっとやって中国語で歌を歌えるようになりたい」と4/8にUPしているからです。

 

まとめ

ヘンリーが事務所を退所する理由としては…
・もう1人でやっていけるくらいの実力と認知度が出来た
・中国でも人気になり、中国マーケット向けの活動が可能
・SJ-Mやソロ活動だけだともったいない

が挙げられるのではないでしょうか?

よねまる個人としては韓国の番組メインで視聴しているので、中国にいっちゃうと距離を感じるのですが…

2008年のSJ-Mへの加入から、特に問題もなく契約満期の10年間頑張ってくれたことに感謝ですね。これからもヘンリーの活躍を応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です