グレイテストショーマンの曲This Is Me(ディスイズミー)の歌詞と和訳まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!「グレイテストショーマン(THE GREATEST SHOWMAN)」めちゃくちゃ話題になってますね~!実はヨネマルも連休中に友人と見に行ってきました。名シーンだらけなんですが、何が良いって、主題歌・挿入歌含めサントラなんですよね!

その中でも主題歌となった「THIS IS ME」はフリーク(化け物)と呼ばれ続けたサーカスのメンバーが奮い立つシーンに使われているので、歌詞とストーリーがすごくリンクするように出来ています。そんな「ディスイズミー」を和訳し、どんな意味が隠されているのかをまとめていきたいと思います。

この記事を通して、より深い部分で映画を理解するお手伝いが出来れば幸いです。

▼「グレイテストショーマン」を家で鑑賞したい▼

「THIS IS ME」歌詞と和訳

I am not a stranger to the dark
暗闇には慣れているわ
Hide away, they say
隠れてろ と人々は言うの
‘Cause we don’t want your broken parts
壊れた部品は欲しくないんだと

I’ve learned to be ashamed of all my scars
自分の欠点を恥じるようになった
Run away, they say
どこか行け と人々は言うの
No one’ll love you as you are
ありのままのお前なんて誰も愛してくれないんだと

But I won’t let them break me down to dust
でもあいつらなんかにゴミ扱いはさせない
I know that there’s a place for us
私にだって居場所があるのよ
For we are glorious
私たちが輝くための場所が

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を傷つけたとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして あいつらを溺れさせてやるわ
I am brave, I am bruised
私は勇敢で、傷だらけよ
I am who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿よ、これが私なの

Look out ‘cause here I come
よく見てなさい 私が通るわよ
And I’m marching on to the beat I drum
自分で刻むビートで進んでいくわ
I’m not scared to be seen
もう見られることを怖がったりしない
I make no apologies, this is me
謝ったりしない、これが私だもの!

Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh, oh-oh-oh, oh-oh-oh, oh, oh

Another round of bullets hits my skin
また銃弾が私の肌を撃ちつける
Well, fire away ‘cause today, I won’t let the shame sink in
撃ってみなさい だってもう恥ずかしさに落ち込んだりしないんだから
We are bursting through the barricades and
Reaching for the sun (we are warriors)
私たちはバリケードを打ち破って進むの そして
太陽をも掴むわ(我々は戦士なんだ)
Yeah, that’s what we’ve become (yeah, that’s what we’ve become)
そうそれが私たちがなるべき姿(同左)

I won’t let them break me down to dust
もうゴミのように扱わせたりしない
I know that there’s a place for us
だって私たちには居場所がある
For we are glorious
私たちが輝くための場所が

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を傷つけたとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして あいつらを溺れさせてやるわ
I am brave, I am bruised
私は勇敢で、傷だらけよ
I am who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿よ、これが私なの

Look out ‘cause here I come
よく見てなさい 私が通るわよ
And I’m marching on to the beat I drum
自分で刻むビートで進んでいくわ
I’m not scared to be seen
もう見られることを怖がったりしない
I make no apologies, this is me
謝ったりしない、これが私だもの!

Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh-oh
Oh-oh-oh, oh-oh-oh, oh-oh-oh, oh, oh
This is me

and I know that I deserve your love
私は愛される資格がある
‘cause there’s nothing I’m not worthy of
私にふさわしくないものなんてないんだから

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を傷つけたとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして あいつらを溺れさせてやるわ
This is brave, this is proof
これこそが勇敢、これこそが証明
This is who I’m meant to be, this is me
これこそが私のふさわしい姿、これが私なの

Look out ‘cause here I come (look out ‘cause here I come)
よく見てなさい 私が通るわよ(よく見てなさい 私が通るわよ)
And I’m marching on to the beat I drum(marching on, marching, marching on)
自分で刻むビートで進んでいくわ(進んで、進んで、進むのよ)
I’m not scared to be seen
もう見られることを怖がったりしない
I make no apologies, this is me
謝ったりしない、これが私だもの!

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を傷つけたとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして あいつらを溺れさせてやるわ
I’m gonna send a flood
洪水を起こして
Gonna drown them out
あいつらを溺れさせてやるわ

Oh This is me
これが私なの

 

ストーリーとの関連性

映画を一度見た人からすると、もう胸が熱くなる歌詞ですよね!!親からも存在を隠され、人々にもひどい言葉をかけられ続け、ひっそりを生きていくことが正解なんだと思っていたサーカスの団員達。そんな彼らがP.Tバーナム(ヒュージャックマン)と出会い、演出してもらい、サーカスという居場所が出来ました。

自分たちはもう隠れなくていいんだ!もう恥ずかしがらなくていいんだ!これが私よ!!!!と自分を奮い立たせ歌う姿は、本当にかっこいいし、何回聴いても泣けてきます。

歌詞もさることながら、髭のはえた女性役を演じたKeala Settle(キアラセトル)さんの歌唱力もハンパない!!!映画を見てサウンドトラックを買う人が続出するのも大いに納得です。私自身もiTunesでサウンドトラックをアルバムごとダウンロードしましたから(笑)

動画と作曲者まとめ

この曲を作詞作曲したのは、pasek and paul(パセック アンド ポール)さんという舞台や映画の曲をプロデュースするデュオです。

Emergency personnel on standby for @kealasettle’s performance that is sure to slay us all. #ThisIsMeandMe

Benj Pasek & Justin Paulさん(@pasekandpaul)がシェアした投稿 –

この二人、日本ではあまり知られていない名前かもしれませんが、人気ミュージカル映画「LA LA LAND」にも曲を提供していて、サウンドトラック部門でアカデミー賞を受賞しているんです!(知らなくてすみませんでした~!!!)

ちなみに髭の女性役をしたキアラセトルさんと一緒に撮影している写真がこちら↓↓

この3人あっての、この名曲…本当にありがとうございます!!

最後に

普段あまりサウンドトラックに関心を持つタイプではないヨネマルですが、「THIS IS ME」や「Never Enough」や「GREATEST SHOW」など耳で恋してしまう曲がたくさんでついつい購入までしてしまいました(笑)

映画をまだ見ていない方も、見た方もぜひ、もう一度歌詞をかみしめながら「THIS IS ME」をお聴きください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です